Wedding

二人の未来を考えて

プロポーズに添えるだけではない

愛する人との結婚を決める、プロポーズしようとするけれど、どんな婚約指輪を選んだらいいのかが分からないと困惑してしまう、そんな人がいるかもしれないです。婚約指輪はプロポーズの際に絶対に贈らなければいけないということはないのですが、マスメディアの影響でセオリーとなってきましたし、一昔前には給料三か月分なんていうフレーズも流行っていたりするのです。 しかしながら男性にとって指輪を選んで購入するというのは難易度が高いもので、その時点で挫折したくなる人もいるかもしれないです。そんな時はいっそのこと、二人で見て決めるか、いっそのこと発想を百八十度変えて、二人で手作りの婚約指輪にするというのもいいかと思われます。

大切なのは気持ちです

手作りの婚約指輪、そちらの方が難しいと思われるかもしれませんが、実際のところはそんなに大変ではなく、きちんと店側がサポートしてくれるので不器用な方にも無理なく作ることができるのです。手作りということでその時間さえも愛し合う二人にとっては貴重なものになりますし、婚約指輪は結婚指輪と違って常に身に着ける必要がないので好きなデザインを選べるのです。二人でデザインして互いの指輪を手作りするというのもありで、答えはひとつではなく、求める人の数ほどあるのです。 婚約の先にあるのは結婚で、異なる生活をしてきた二人が一緒に暮らすようになるのです。その最初の仕事として二人で婚約指輪を作るというのもいいかと思われます。